フェルトミッドの購入方法について解説します

フェルトミッドの購入方法

フェルトミッドは、日本では販売が許可されていない医薬品ですので、日本ではどこにも販売されていません。

しかし、個人で使用する目的であれば日本では販売されていない医薬品でも購入することが出来ます。

個人輸入をする事で購入が出来ますが、個人輸入にはルールがあります。

輸入するというと、少しハードルが上がってしまいますが、通販の様に購入できることがほとんどなので、難しい事は無くルールさえ守れば誰でも購入する事が可能です。

通販の大手サイトであるAmazonや楽天には販売していませんが、個人輸入の手助けを主とするサイトはいくつもありますので、その中から信用できるサイトを選び簡単に購入することができます。

個人通販での購入

個人で医薬品などを購入する方法に通販があります。

現地に行かずに購入できるので手軽ではありますが、言語は日本語ではありませんので、語学力が必要と言えます。

言語も外国語であれば、通過も日本円ではなく基本的には購入国の通貨となります。

購入の時期や方法によってお値段に差がでますので、為替にも注意が必要となります。

また購入した商品の効果や成分、服用の注意点等も英語での記載となる為、翻訳程度ではしっかりと理解することが難しいと言えます。

個人輸入とは

個人輸入というのは、日本では販売がされていなくても、個人が使用する目的であれば購入できるというものです。

個人が使用する目的というのが重要で、転売など商用目的であれば購入はできませんので、購入できる量にも制限があります。

一度に購入する量が多すぎたり、頻度が高すぎると税関で止められ、場合によっては通関手続きをする必要が起こります。

医薬品ですと、1ヶ月分から2ヶ月分ほどの量であれば個人輸入することができます。

医薬品の種類によっても制限が異なりますので自身の購入する海外医薬品はどれほど購入できるのか事前に確認する必要があります。

また、処方薬の販売もされていますが、処方箋が要りませんので、日本で処方される価格より安く販売されています。

更に海外ではジェネリック医薬品も豊富ですので、先発薬と同様の成分を配合した立派な医薬品でも、先発薬と比べて開発費などがかかっていない為、とても安く販売されています。

しかし、処方箋が要らないということは、服用して万が一トラブルが生じても責任は自分自身となる為、確実に正しい服用方法が分かるものを購入しましょう。

ルールさえ守れば簡単に個人輸入できますが、自己責任となってしまう為、注意が必要となります。

個人輸入代行サイトについて

個人輸入のルールはわかっても、実際外国のお店から購入するとなると、英語などの語学力も必要となります。

また、販売店も信用できるかわかりませんし、購入できたとしても、本物である保証もありません。

となると、購入にとても戸惑ってしまいますが、こうしたことを代行してくれる、個人輸入代行サイトというものがあります。

それは、信用できる販売元、もしくは製薬会社から正規品を購入でき、語学力も必要なく、Amazonや楽天での購入と同様に、ネットショッピングのように購入できるサイトです。

しかし、面倒な手続きなど必要なく簡単に購入できますが、悪徳な個人輸入代行サイトも存在しますので、信用できるサイトを見極める必要があります。

口コミなどを確認してみるのもいいですし、電話などをして対応の様子を伺うのも大切です。

しっかりとしているサイトであれば、発送事故などのトラブルが生じても配達を保証しています。

また、価格があまりにも安すぎるサイトは、偽物の商品である可能性が高まる為、注意が必要です。

様々なサイトを確認する必要がありますが、偽物を購入してしまっては効果が得られないだけでなく、身体を害してしまう可能性もあるのでしっかり確認することをお勧めします。

ジェネリック医薬品とは

簡単に言うと、先発薬のマネをして作られた医薬品です。

先発薬というのは数百億円もの研究・開発費が掛かると言われていており、開発から完成までにも十数年掛かります。

その為、開発した製薬会社などには、特許によって利益が守られていて、およそ20年から25年間の特許期間の間は、開発した製薬会社以外は同じ成分の薬を造ることはできません。

しかし、特許期間が過ぎると製薬会社ではなく国の財産となる為、同じ有効成分を使ってジェネリック医薬品として開発が出来ます。

ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分を使っていて、開発費も数億円ほどで済むため、先発薬よりも安いのが特徴ですが、先発薬と同じ有効成分を同等の効果が得られる、医薬品です。

まとめ

日本で海外の医薬品を販売するにはとても厳しい検査をする必要があります。

有効性は勿論ですが、製造・販売後の安全対策まで規制されて日本でも処方・販売してもいい薬となるので、良い薬と分かってはいても、販売されるまでの道のりは長いです。

外国にはジェネリック医薬品の含めてもっと沢山の薬が存在します。日本での販売に時間が掛かるかもしれませんが、どのような薬なのかを理解した上でで、自分自身が使うために量を守れば、海外から個人輸入することも出来ます。

日本での販売を待つのもひとつの手段ですが、せっかっく購入も簡単で効果もあると分かっているのであれば、海外通販代行サイトを利用して、自分にあった海外の医薬品を購入する事をお勧めします。