フェルトミッドの使用方法について解説します

フェルトミッドの使用方法

フェルトミッドはクロミッドのジェネリック医薬品ですので、使用方法は同じです。

生理が始まってから5日目から服用を開始し、1日1錠の服用を5日間続けます。

服用を終えてから1週間から2週間ほどで排卵が起こりますので、しっかり排卵がされているか確認する為に、必ず基礎体温を測って記録する必要があります。

排卵が起こらなかった場合は、翌月からは1日2錠に増やして同様に5日間続け、長くても3ヶ月間様子を見ながら続けます。

正しい服用方法

服用する前に先発薬であるクロミッドの服用方法に記載があるように、無排卵症である方には、Gestagen、Estrogen testというのを必ず行う必要がありますので、ジェネリック薬であるフェルトミッドも行う必要があると言えます。

これは、子宮奇形や、子宮内膜炎等の、子宮に何らかの異常があって排卵する事や、子宮内膜を成長させることができない場合、排卵誘発剤を服用して排卵したとしても、子宮に異常があれば妊娠せずに失敗となってしまう為です。

出来るだけ失敗を避けるためにも、子宮奇形や子宮内膜症ではないかを確認す為に必ずテストを行いましょう。

ピルなどを服用する事で、消退性出血を確認することができれば、フェルトミッドを服用できるというサインとなります。

始めて服用する場合、必ず低い容量の物から服用する必要がありますので、初めは1日1錠を5日間続けましょう。

それでも効果が現れなかった場合のみ、1日2錠の服用となります。

使用の際の注意点

必ず、自身がフェルトミッドを服用しても大丈夫なのかを確認しましょう。

併用禁忌薬は特に指定されてはいないものの、乳がんや子宮内膜がんがある方は、腫瘍を悪化させる可能性がある為服用できません。

以前乳がんや子宮内膜がんを患っていた方も再発の危険がある為、服用の際には注意する必要があります。

また、副作用が起こりにくいといわれているフェルトミッドでも、副作用で卵巣過剰刺激症候群になる可能性がある為、元々卵巣が大きくなっている方は、より卵巣を大きくしてしまう可能性があるので、服用には注意が必要です。

そして、一番大事なことは、用量を守るという事です。始めて服用する方は必ず1日1錠の50mgを守りましょう。

まとめ

フェルトミッドは一緒に服用してはいけない薬も無いですし、副作用も起こりにくい為とても服用しやすい排卵誘発剤です。

また、効果もあるので、先発薬であるクロミッドは不妊治療を始めたばかりの方に処方されるほどです。

しかしそれは、正しく服用した場合です。不妊の理由は排卵が起こらないことだけが原因ではありません。

フェルトミッドを正しく服用しても、子宮に何らかの異常がある可能性もありますので、必ずGestagen、Estrogen testを行いましょう。

また、副作用を起こさないためにも、初めは50mgの1錠から服用する事を守りましょう。

少しのルールを守って正しく服用すればしっかり排卵が起こり妊娠の可能性が高まります。